ルイ・ヴィトンのコネクテッド ウォッチ

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、コネクテッド ウォッチの第3世代となる新作「タンブール ホライゾン ライト・アップ」を2022年1月14日(金)に発売する。

ジッピーxl 偽物

新作コネクテッド ウォッチ「タンブール ホライゾン ライト・アップ」

「タンブール ホライゾン ライト・アップ」は、ルイ・ヴィトンのアイコニックな太鼓型ケースの腕時計「タンブール」のユニークなケースの形状を落とし込んだスマートウォッチ。他の機械式時計と同様に、丁寧な手作業によって精巧に仕上げられている。緩やかな曲線を描くサファイアガラスのウォッチスクリーンが、エレガントな雰囲気を演出する。

モノグラムがカラフルに光るディスプレイ、文字盤はカスタマイズ可能

文字盤をぐるりと取り囲む24個のLEDライトが点灯し、シグネチャーのモノグラムが浮かび上がるのが特徴。ウォッチの起動時や通知受信時には、万華鏡のようにカラフルなアニメーションを楽しめる。

文字盤は、メゾンの愛らしいマスコット「ヴィヴィエンヌ」モチーフや、メゾン初期のアイコニックなトランクを想起させるストライプのアニメーションなど8種類のディスプレイを自在にカスタマイズ可能。カラーは、グラデーションを含めて11種類からセレクトできる。加えて、好みの色・フォントを選んで自分のイニシャルを追加することも可能だ。

さらに、年間を通じて、四季折々のイベントや多彩なコラボレーション、ファッションショー、クリスマス、旧正月、バレンタインデーといったイベントごとに、テーマに沿った文字盤デザインを継続的に展開。多彩なバリエーションの文字盤を楽しむことができる。

ストラップはインターチェンジャブルストラップシステムにより、自分で簡単に付け替えが可能。気分やコーディネートに合わせて、様々なストラップとの組み合わせを楽しめる。ラインナップはポリッシュ仕上げのステンレススティールケースを採用したモデルに加え、マットブラックコーティングを施したモデル、マットブラウンコーティングを施したモデルの計3型を揃える。

旅行に便利な機能や心拍数モニターなど

デザイン面に加え、新たなOSによる便利な機能にも注目だ。ウォッチディスプレイを右にスワイプすると「My Day」機能が登場し、アジェンダ、天気情報、歩数、心拍数、空気室指数を表示。また、上にスワイプするとコントロールパネルが表示され、タイマーやアラーム、音楽、Alipayなど、あらゆる機能を容易にコントロールすることができる。

加えて、左にスワイプすると「My Travel」機能が登場。旅行計画や搭乗券にアクセスできる他、厳選された30都市のガイドブック「シティ・ガイド」にもコネクトできる。さらに、新機能の心拍数モニターや、30m防水機能も備えている。

また、ルイ・ヴィトンのコネクテッド ウォッチ史上初めて、リューズの両側にプッシュボタンを装備。ディスプレイ上での操作に加え、プッシュボタンによるショートカット操作も可能となっている。

尚、ルイ・ヴィトンは、コネクテッドアイテム専用の「ルイ・ヴィトン コネクト アプリ」を展開。アプリを通じて、「タンブール ホライゾン ライト・アップ」の文字盤・システムをはじめとする機能のカスタマイズをすることができる。

【関連記事】:Topkopi休日のおすすめ

0 Replies to “ルイ・ヴィトンのコネクテッド ウォッチ”

  1. オメガの代表的なクロノグラフ「スピードマスター」の初代腕時計。

    返信

オメガの初代腕時計。 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です