時計

ロレックスの日付変更における厳守すべき時間帯

2024年6月24日

日付変更のタブー

ロレックス ウォッチの所有者にとって、日付変更は日常のルーティンです。しかし、この一見単純な作業にも、時計を長持ちさせるために厳守すべき時間帯があります。

夜間の一定時間は、日付変更機構が極めて脆弱であるため、操作を避けることが不可欠です。この時間帯は、多くのロレックス モデルで午後 9 時から午前 3 時までとされています。この期間中は、チェーンが引っ張られることで日付を変更する仕組みのデイトジャスト コピーやデイトナなどのモデルでは、日付変更操作を厳禁されています。なぜなら、この時間帯に日付を変更すると、デイトホイールやクイックセット機構に損傷を与え、高額な修理を必要とする可能性があるからです。

許容される日付変更の時間帯

日付変更が許可されるのは、通常、午前 3 時から午後 9 時までです。この時間帯であれば、日付を変更する機構が完全に機能しており、問題なく操作できます。ただし、真夜中前後に日付変更を行う際には注意が必要です。この付近では、日付変更機構が切り替わるため、誤作動を起こす可能性があります。そのため、日付変更を行う際は、午前 3 時以降に実施することをお勧めします。

例外

デイトジャストやデイトナなどの従来型のデイトホイール搭載モデルでは、日付変更の制限があります。しかし、ロレックスの最新モデルであるデイトジャスト 41やデイトナでは、新しいムーブメントを搭載しており、日付変更の時間が拡大されています。これらのモデルでは、午前 0 時から午後 11 時 59 分まで日付変更が可能です。

日付変更を避けることの重要性

日付変更の時間帯を守らないと、深刻な問題が発生する可能性があります。デイトホイールやクイックセット機構の損傷だけでなく、時計の誤作動や精度低下の原因にもなります。また、修理費用も高額になる可能性があります。

まとめ

ロレックス ウォッチの日付変更は、時計を長持ちさせるために不可欠なメンテナンスです。午後 9 時から午前 3 時までという制限時間帯を守り、ダメージを避けることが重要です。許容される日付変更の時間帯は通常、午前 3 時から午後 9 時までですが、最新モデルではこの時間が拡大されています。日付変更を行う際は、これらの時間帯を厳守し、時計の寿命と機能を維持しましょう。


ロレックスデイトジャスト価格推移10年

You Might Also Like

No Comments

  • Reply ロレックス 16613 買取 相場 2024年7月1日 at am11:40

    ロレックス 16613 の買取相場は、時計のコンディションや時期によって変動します。

    一般的に、状態の良い16613は、約100万円から200万円で取引されています。また、レアモデルや限定モデルは、さらに高額で取引されることもあります。

    買取を検討している場合は、複数の業者に見積もりを依頼し、最も高額な業者を選択することをお勧めします。

  • Leave a Reply